ブルース・デビッドソン【Subway】

ブルース・デビッドソン (Bruce Davidson 1933年 - )アメリカの写真家です。同国・イリノイ州に生まれ、10歳の時に母親に暗室を作ってもらい写真を撮り始めます。1951年最初の大学在学中に写真学を学び、さらにイエール大学にて高度な映像表現技術を習得し(ヨゼフ・アルバースも彼の師の一人でした)、1959年には、アメリカの写真集団マグナム・フォトの正会員に推薦されます。1963年にはMOMAにて個展を開催。1966年には有名な「East 100th Street」を制作。このシリーズは、2年間をかけてハーレムを大型カメラで撮影したものです。1980年初期にはNYの地下鉄を撮影した「Subway」や、1991年〜1995年までの間にパノラマを中判カメラで撮影した「Central Park」など多くの作品を作り上げています。

本書は、まずはじめに「For Emily」と書かれたページ、そして1980年にEmily Haas Davidsonによって撮影された地下鉄でカメラを持つブルース・デビッドソンのポートレートと「Train of Thought」と題されたデビッドソンによるエッセイから始まる、デビッドソンの著明な写真集”Subway”です。アメリカ・ニューヨークの地下鉄をカラーフィルムで撮られた作品が収められています。美しいフレーミングと被写体の一瞬の表情、そして色が絶妙なデビッドソンの作品集です。

【SALE: 11000円 → 6600円】
※見返し1ページに2cmのヤブレがあります。


出版社:  Steidl
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 139ページ
サイズ:  29.5 x 30 cm
状態:   新古品

販売価格

6,600円(内税)

購入数