アントニー・ゴームリー【Expansion Field】

アントニー・ゴームリー(Antony Gormley, 1950 - )人体と空間の関係性をテーマとした、彫刻、インスタレーション、パプリック・アートにて高い評価を受けているイギリスの彫刻家です。
自分と他人の身体との関わりについてや、人間は自然と宇宙のどこに位置しているかという根本的な問いかけをテーマに彫刻の制作を始め、1980年代には金属で造形された人体の彫刻作品で、アニッシュ・カプーアやトニー・クラッグらと共に『ニュー・ブリティッシュ・スカルプチャー』の作家のひとりとして注目を集めます。
近年は、人体を幾何学的な形やフレームによって様々に分解・構成した作品を制作し、大規模なインスタレーションも手掛け、考え方や感じ方において新しい意味を持った場所としてのアートを作り上げるため制作を続けています。
1994年のターナー賞など数多くの章を受賞している他、1982/89年のヴェネツィア・ビエンナーレ、1987年ドクメンタ8、2007年のロンドン・ヘイワード・ギャラリー、2010年のスイス・クンストハウス・ブレゲンツなど各地で多くの展覧会を行っています。

本書は、2014年9月から2015年1月までスイス・ベルンのパウル・クレー・センターにて開催された展覧会時に刊行された書籍になります。「Expansion Field」と題されたこの展覧会では、垂直に交わった黒い四角いスチールボックスが組み合わされた抽象的な彫刻作品が60点展示されました。これらは、全て2014年に制作された最新の作品となります。書籍内には、展示風景の写真、1点1点の作品写真、Peter Fischer、Rebecca Comay、Andrew Rentonによる3つのエッセイが収められています。

出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 216ページ
サイズ:  28.5 x 21.6 cm
状態:   新刊
その他:  図版103点

販売価格

6,700円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍