ゲルハルト・リヒター【Editions 1965-2013】

ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter 1932年 - )ドイツの画家です。ベルリンの壁によって東西が分断されその後、行き来の自由が許されなくなる直前に西に移りデュッセルドルフ芸術大学にて学びます。後に同大学にて教鞭を執っています。(教え子には、トーマス・シュトルートも)今日も、表現方法が多様化する現代美術の中で、絵画の可能性を追求し勢力的に活動を続けているアーティストです。

リヒターのペインティングに次いで、彼の製作した「Editions(印刷物や複製など)」への注目が高まってきています。
本書は、ドイツの美術史家、キュレーターであるHubertus Butinによる、1965年から2013年までに製作されたリヒターの版画、写真、アーティストブック、オブジェを含むマルティプル、ペインティングの複製などの「Editions」を網羅的に収録したカタログ・レゾネになります。
詳細なエッセイと多くの図版によって「Editions」の魅力を紹介し、多岐にわたるリヒターの実験的な試みをご覧いただける書籍となっています。


出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ハードカバー(クロス貼)
言語:   英語
ページ数: 342ページ
サイズ:  29.6 x 25.8 cm
状態:   新刊
その他:  図版342点

販売価格

7,900円(内税)

購入数