【Poster Collection 27 - The Hand】

身振りや表情は、コミュニケーションにおいて最も重要な言語以外の手段です。それゆえ、顔と手がビジュアル・コミュニケーションにおいて人気のあるモチーフであるのは偶然の一致ではありません。
ポスターの歴史において、手の使用はとりわけバリエーションに富んでいます。ポスターや看板広告において、『手』は製品の魅力を伝えるためや、どの様な品物かを説明するために使用されていきました。
手はまた、政治的なポスターにおいては拳を高く上げる、人差し指をさす、暴力的な手など象徴制を帯びたジェスチャーとなります。一方、文化的なポスターでは、手は創造的でアーティスティックな印となります。
このように多様な用途をもつ手のレトリックは、多様なデザインの基本要素として使用されてきました。
ポスターコレクション・シリーズの27冊目となる本書は、メッセージの伝達手段としての『手』をテーマに、写真、イラスト、抽象的なグラフィックなど様々なポスター作品を、文化的な歴史と共にご覧いただける書籍となっています。


出版社:  Lars Muller Publishers
タイプ:  ペーパーバック
言語:   ドイツ語/英語
ページ数: 98ページ
サイズ:  24 x 16.5 cm
状態:   新刊
その他:  図版120点

販売価格

3,200円(内税)

購入数