ジュリアン・シュナーベル【Polaroids】

ジュリアン・シュナーベル (Julian Schnabel 1951年 - )アメリカ・ニューヨーク出身。画家・映画監督です。ヒューストン大学にてB.F.Aを取得。後にニューヨークのホイットニー美術館の研究プログラム(ISP)に参加しました。アントニオ・ガウディ、サイ・トゥオンブリ−、ヨーゼフ・ボイスに感銘を受けています。
1970年代後半、若き画商メアリー・ブーンににより見出され、壊れた陶器の皿をはめ込んだ絵画を初めて彼女の画廊にて展示しました。ジャン・ミシェル・バスキア、デビッド・サーレ、フランチェスコ・クレメンテらと共に1980年代新表現主義の画家として取り上げられます。また、1996年には友人バスキアの伝記映画を制作。2002年ヴェネツィア国際映画祭では、「夜になるまえに」で審査委員グランプリを受賞しています。

本書は、2010年3月から7月にドイツ・デュッセルドルフ、同年6月から7月に同国・ミュンヘンにて開催された展覧会時に同時刊行された書籍になります。
ジュリアン・シュナーベルによる多くの未発表のポラロイド写真(2002年から2008年制作)が掲載されています。それらは、20×24インチのヴィンテージカメラによって撮影されました(プリント後にペインティングが施されたものなどもあります)。ルー・リード、プラシド・ドミンゴ、ビースティボーイズ、ミッキー・ロークなどアーティストやその家族、友人たちが被写体となっておりプライベートなコレクションといえる写真です。
そしてそれらは、シュナーベルのブルックリン、モントーク、ロングアイランドにある自身のプライベートスタジオに飾られています。
詩的でユニークな絵画のようなポラロイド写真集です。

出版社:  Prestel
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 200ページ
サイズ:  32.5 x 26,8 cm
状態:   新刊
その他:  図版106点

販売価格

3,700円(内税)

購入数