エクスペリメンタル・ジェットセット【Statement And Counter-statement】

エクスペリメンタル・ジェットセット(Experimental Jetset)
1997年にマリエケ・ストーク、アーウィン・ブリンカーズ、ダニー・ヴァン・デン・ダンゲンにて設立されたデザインスタジオです。(小さなインディペンデントなデザインスタジオと彼らは言っています)
印刷物やサイトペシフィックなインスタレーションを中心に、「turning language into objects」を方法論として、多種多様なプロジェクトに挑んでいます。
アムステルダム近代美術館(オランダ)、ポンピドゥー・センター(フランス)などの世界の主要な美術館との仕事の他に、Walker Art Centerでの”Graphic Design : Now in Production”(2011)やCasco Project, Utrechtでの”Kelly 1:1”などの展覧会も行っています。また、彼らの作品は、MOMAの永久コレクションにもなっています。
メンバーは、教鞭も執っており2000−2014年にはThe Gerrit Rietveld Academie、2013年からは、Werkplaats Typografieにて行っています。
2015年には、ここ日本のマッシュHDの新CIなども手掛けました。

本書は、この度初めて刊行された「Experimental Jetset」の約20年のデザインワークをご紹介した書籍になります。通常の形式的なモノグラフというよりはむしろ、とても緩やかな遊びあるデザインとなっています。Linda van Deursen、Mark Owens、Lan Svenoiusによるエッセイと2つに分けられた彼らのデザイン作品を写真にて掲載したページにて構成されています。
過去のExperimental Jetsetへのインタビューやレクチャーや書簡のやり取りの中から彼らによって書かれた統一された考えのもと構成されたテキストをJon Suedaが構成、編集を担当したものが掲載されています。


新書サイズながら500ページ以上に渡り、彼らの


出版社:  Roma Publications
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 576ページ
サイズ:  18 x 11 cm
状態:   新品

販売価格

3,900円(内税)

SOLD OUT