ジョージ・コンド【George Condo】

ジョージ・コンド(George Condo 1957年 - )アメリカ出身。現在ニューヨーク在住のアーティストです。マサチューセッツの大学にて美術史と音楽論を学んでいます。卒業後はギターやコンポジションの勉強を行なっています。しかしながら、彼の興味は絵画にもありました。アンディ・ウォーホールのファクトリーで働いていた経験もあり、キース・ヘリングやジャン・ミシェル・バスキアなどとも親しく、彼はキース・ヘリングの協力で展覧会を開催しています。それは、1985年〜1995年の間の出来事です。この期間、コンドはパリとニューヨークを行き来しながらホテルとレンタルスタジオで暮らしていました。パリでは、ヘリングの紹介でブリオ・ガイシンと出会い、フェリックス・ガタリ(哲学者)とも交流がありました。アメリカのポップ・アートからの影響がありながらも、他の作家とはまた少しちがうコンテクストを含んだ絵画を展開しています。ガタリのはそれらを「コンド・エフェクト」と呼び、安全で基準となるフレームをこのエフェクトは体系的に破壊し、安定した意味を探そうとするアクセスを拒否させると言っています。

本書は、2015年秋に刊行された書籍になります。著者は、イギリス・テートモダンの写真・国際アートのキュレーター:サイモン・ベーカーです。アーティストと密接な協力を得て、今日までのコンドの作品らを作家の経歴・年代・テーマなどに仕分けをしました。
イントロダクションには経歴を含む前書き、次に1984年の作品、そしてそれぞれのテーマごとに大きく3つのテーマに分けて近年までの作品が分類され掲載されています。カラー図版338点の見応えある書籍となっています。

【SALE: 9800円 → 6860円】

出版社:  Thames and Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 288ページ
サイズ:  31 x 26 cm
状態:   新品
その他:  カラー図版338点

販売価格

6,860円(内税)

購入数