ゲオルグ・バゼリッツ【Baselitz】

ゲオルグ・バゼリッツ(1938年生まれ)旧東ドイツ出身の画家です。
1957年より西ドイツ芸術学校で学び、1963年西ベルリンにて初個展を行なっています。東ドイツから西ドイツへと移動した後に、抽象絵画に影響を受け、『破損絵画』なども制作。バゼリッツの特徴の一つ『さかさまの絵』は、1969年より制作されています。アンゼルム・キーファーやフランチェスコ・クレメンテなどと共に『ニュー・ペインティング(新表現主義1970年代後半〜1980年代中頃まで)』の画家として挙げられることもあります。破損した人物やモノの再構成、さかさまになった絵、それらは抽象絵画のモチーフを取り除くことから出発し、西洋絵画の歴史的なテクニック(技法)を踏まえて、新しい画面を作り出します。
本書は、1982年にロンドンのWaddington Galleriesにて行われた展覧会図録になります。掲載の全ての作品が1982年に制作されたものになります。カラーにて、油絵8点と19ページ分の15点のドローイングが掲載されています。
マスタード色の布張りの装丁の綺麗な展覧会図録です。

出版社:  Waddington Galleries
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 23ページ
サイズ:  28.6 x 20.7 cm
状態:   USED ※裏表紙にスレ有

販売価格

3,500円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍