【Painting Beyond Pollock】

新たな改革をもたらす無限の能力を持つ「絵画」は、西洋美術において特権的な地位を占め続けています。
20世紀半ばより、新たな表現方法パフォーマンスやインスタレーションが登場する中で、幾人かの批評家や芸術家たちは「絵画」を無関係にし、完成されたと宣言しました。しかし、実際はこのような新しい表現の裏側で、イノベーションと関心は絵画を新たなステージへと導いてきました。著者Morgan Falconerは、ジャクソン・ポロックから抽象表現とその担い手である芸術家をアメリカとヨーロッパから見直していきます。1960年代以降から2000年代までの絵画の歴史から芸術家までを抽象絵画を軸に御覧いただける絵画専門書籍となります。図版260点を掲載し、美しいクロス装丁の書籍です。

著者は、Sotheby's Institute of Art(ニューヨーク)にて教鞭を執っているMorgan Falconer。過去には、The TimeやArt Review、BurlingtonMagazine、Friezeなどの新聞や雑誌のジャーナリスト・評論家として活動していました。また、現代絵画において主要人物、Ellsworth Kelly、Neo Rauch、Peter Doig、Luc Tuymans、Elizabeth Peytonなどにインタビューも行ってきました。


出版社:  Phaidon

タイプ:  ハードカバー

言語:   英語

ページ数: 384ページ

サイズ:  29 x 21.4 cm

状態:   新刊
その他:  図版260点

販売価格

8,250円(内税)

購入数