エルズワース・ケリー【Ellsworth Kelly】

エルズワース・ケリー(Ellsworth Kelly 1923年 - 2015年)アメリカ代表する20世紀から21世紀の画家。1923年にニューヨーク州出身。ボストンの芸術学校で学び、パリ・ボザール美術学校にも足を運んでいます。ジョン・ケージやマース・カニングハム、シュルレアリスムのジャン・アルプ、抽象彫刻のコンスタンティン・ブランクーシなどの影響なども受けながら、簡素で自然な形と色彩の構成についての研究を重ねます。そして、彼の半立体的な絵画はギャラリーや美術館などの空間という展示する場所も意識した全ての色や形が機能する在り方へと表現形態を拡大してきた。
幼少期に祖母に連れていかれたバードウォッチングは、彼が自然の中から美しい形を見つける機会となり、後に、鳥類学者やジョン・ジェームズ・オーデュボンに興味を持ちそして、大きな影響を受けた。

本書は、2018年6月に刊行された新しいモノグラフです。エルズワース・ケリーは、私たちの時代である21世紀においても、最も特有で影響力のあるアーティストの1人として記憶されています。この書籍は、2015年にこの世を去ったケリーと緊密に協力して制作された最後の作品集です。1940年代から2015年までの作品を350点の図版で掲載。The Mount Holyoke College Art MuseumのディレクターTricia Paikを著者に迎え、またハードカバーの美しい装丁デザインで仕上げられた一冊。

出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 368ページ
サイズ:  30.5 x 23.8 cm
状態:   新品
その他:  図版350点

販売価格

7,200円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍