サラ・バーカー【Change - The - Setting】

サラ・バーカー (Sara Baker 1980年 - )イギリス・マンチェスター出身のアーティストです。現在は、グラスゴーを拠点に活動を行っています。The School of Art and University of Glasgowにて学びました。絵画では不可能な表現形態を熟考し、絵画と彫刻の境界を意識しながら、3次元をスッケチするように「重さや不安定さ」の見える彫刻作品を金属、木材、塗料、ガラスによる光と棒状の立体で構成しています。
ヴァージニア・ウルフやエズラ・ポンドなどのビクトリア朝時代の近代文学や、エヴァ・ヘスやルイーズ・ブルジョア、アンリ・マティスなどのアーティストからインスピレーションを得ています。2011年より、世界の主要な美術館で展覧会を開催。また、2014年からは、サイトスペシフィックな作品も制作しています。

本書は、2016年3月12日から6月5日にエディンバラのThe Fruitmarket Galleryにて開催された展覧会を機に刊行されました。この展覧会のために制作された2作品を含む、約45作品が掲載されています。また、この展覧会は、巡回し同年秋にはベルギーのIkon Gelleryにて展示されています。The Fruitmarket GalleryのディレクターFiona Bradleyとkon GelleryのJonathan Watkinsによる前書きと、Katharinee StoutとAli Smithによる2つのエッセイが収録されています。

出版社:  The Fruitmarket Gallery
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 158ページ
サイズ:  27 x 21 cm
状態:   新品

販売価格

6,500円(内税)

SOLD OUT