• banner
  • イリヤ&エミリヤ・カバコフ【The Utopian Projects】

    イリヤ・カバコフ(Ilya Kabakov 1933年 - )旧ソ連・ウクライナ出身の芸術家。現在は、アメリカ・ニューヨークを拠点に活動を行なう。ソ連内部の政治的抑圧や人間の感情を織りまぜた大掛かりなインスタレーションにより、1980年代よりヨーロッパにて高く評価されている。
    幼少期、冷戦下の旧ソ連から西へと家族と共に移り1943年サマルカンド(ウズベキスタンの古都)、モスクワにて美術学校に通います。そこでは、グラフィックデザインやブックイラストレーションを学ぶ。1959年には、当時のソビエト連合のアーティストのメンバー候補となり、イラストレーターなどの安定した職を得ました。(1965年には、正規メンバーとなっています)1985年には、スイス・ベルンにて初の海外個展を開催し、この展覧会をきっかけに様々な国際展に出品。1992年にニューヨークへと移ります。1999年には、ここ日本の水戸芸術館にいて架空の人物:シャルル・ローゼンタールが、20世紀初頭の時代の中で自身の多様な絵画表現を追い求めた様を回顧展形式で構成したユニークな展覧会「シャルル・ローゼンタールの人生と創造」が開催。

    エミリヤ・カバコフ (Emillia Kabakov 1945年 - )旧ソ連・ウクライナのでドニエプロペトロフスク出身の芸術家。モスクワの音楽学校、イルクーツク・ドニエプロペトロフスクの音楽大学にて進学し、後にモスクワ大学にてスペイン語・文学を学んでいます。1973年にイスラエルに移住。1975年からは、渡米し、ニューヨークにてキュレーター・アートディーラーとして働きました。1989年より、イリヤ・カバコフとともに共同制作”トータル・インスタレーション”を制作し、国際的に注目を集めました。その後も多くの興味深い共同作品を生み出している。

    本書は、2017年9月7日から2018年4月22日にアメリカ合衆国・ワシントンD.CのHirshhorn Museum and Sculpture Gardenにて開催された展覧会を機に刊行された書籍です。イリヤとエミリヤは、30年近く共同で制作を行ってきました。作品は束縛のない自由な想像力とオプティミズムで構築されていますが、彼らのインスタレーションのベースは旧ソ連に住んでいる間に耐えた困難、監視、疑いから直接影響を受けています。
    1985年から現在に至るまで、そしてこのThe Hirschhorn MuseumとSculpture Gardenでの展示までに、The Utopian Projectsには、20点以上のマケットとモデルがあります。これらの精巧な作品は、そこに生息する風変わりな架空のキャラクター、モーター、テキスト、音楽らによって鑑賞者をシュールなミニチュアモデルに誘います。尚、本書にはすでに実現したプロジェクトとそうでないものが含まれ、モニュメント、物語、建築構造物、屋外作品が掲載されています。

    出版社:  Kerber
    タイプ:  ハードカバー
    言語:   英語
    ページ数: 124ページ
    サイズ:  29.1 x 26 cm
    状態:   新品
    その他:  カラー図版118点、白黒図版5点

    販売価格

    5,500円(内税)

    購入数



    新入荷!






    人気書籍






    ■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
    ・クレジットカード
    ・銀行振込
    ・郵便振替
    ・代金引換
    → 詳しくはこちら
    ■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
    (沖縄・離島は半額負担)
    → 詳しくはこちら
    ■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
    せください。
    その際、必ず『お宛名』のご入力を
    お願いします。

    ☆代金引換をご利用の場合、領収書
    の発行は行っておりません。
    → 詳しくはこちら
    ■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
    項目よりご指定ください。
    リボンを2色よりお選び頂けます。
    ラッピング料:180円(税込)
    → 詳しくはこちら
    ■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
    返品、交換はお受け致しかねますの
    で予めご了承下さい。
    → 詳しくはこちら
    ■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン