サイ・トゥオンブリー【Catalogue Raisonne of the Paintings Volume I 1948-1960】

サイ・トォンブリ−(Cy Twonbly 1928年 - 2011年)アメリカを代表する画家・彫刻家です。バージニアに生まれ、ニューヨークのアートスクールにてドイツ表現主義の絵画を中心に学びます。そのままニューヨークに住み、多くのアーティストや文学者を魅了した「ブラック・マウンテンカレッジ」の夏と秋の講座に参加。ロバート・マザウェルを師事。1951年、NYのSamuel M. Kootzにて初個展を開催。1957年にローマを訪れ1967年より定住し、2011年にこの世を去るまでこの地で制作を続けた。
作品は、絵画と彫刻です。彫刻は1959年から1976年の間は制作されていません。
絵画は、初期(1950年)はプリミティブな実験的な絵画作品を制作し、その後、暗いキャンバスに白い細いラインを特徴とした描画法を展開。1960年代頃よりギリシャ神話「Leda and the Swan」(レダと白鳥)をテーマとした作品、「Blackboard Paintings」、1967年から1971年の間には「grey paintings」など多くのシリーズを描いています。1976年以降はまた彫刻作品も制作しています。

本書は、トゥオンブリーのペインティングのカタログ・レゾネの第1巻になります。1948年から1960年までの約5年間のペインティングが年代順にご覧いただけます。この時期は、最初期のといえる時期です。ボストンのミュージアム・スクールに入学し、ローマに移住するまでのアメリカ時代の作品をご覧いただけます。

こちらの書籍は絶版書籍のため、在庫が無くなり次第、販売終了となります。

出版社:  Schirmer/Mosel
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 311ページ
サイズ:  31x 27 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版,モノクロ図版

販売価格

65,000円(内税)

購入数