ソール・ライター【Early Color】

ソール・ライター(Saul Leiter, 1923年 - 2013年)アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身の写真家です。
父はよく知られたユダヤ教の牧師で、彼自身もまたラビ(ユダヤ教の指導者)になるための勉強をしていました。しかし、画家を目指して23歳でニューヨークに移ります。彼はそこで抽象画家Richard Pousette-Dartやユージン・スミスと出会います。二人は彼に写真をすることを進めます。彼はすぐに白黒写真をライカの35mmカメラで撮り始めます。
その後、1948年にはカラー写真を始めました。この頃より同時代の現代写真家ロバート・フランクやダイアン・アーバスとも交流し、ファッション・フォトグラファーとして生計を立てながら、写真家として活動していました。2012年には、ライターのドキュメンタリー映画が制作されています。

こちらの書籍は、1953年のMoMAでの展示以来、ほとんど知られていなかったカラー作品をはじめて本格的に紹介する写真集です。1948から1960年にかけて撮影されたもので、 2006年ニューヨークのハワード・グリーンバーグ・ギャラリーで開催された写真展を期に刊行されたものです。

出版社:  Steidl
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 176ページ
サイズ:  21 x 20.5 cm
状態:   新刊

販売価格

5,600円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍