平川憲俊【union de...Interractional Casa Barragan】

NoritoshiHirakawa'平川典俊'(1960年生まれ)日本出身のアーティストです。NYを拠点に活動を行なっています。現代美術家、写真家、コンセプチュアルアーティスト、パフォーマンスアーティストです。1988年より、作家活動を行い、1993年にNYへ渡米します。今年、ここ日本の群馬県立近代美術館にて、新作インスタレーション展「Beyond the sundeam through trees-木漏れ日の向こうに」が開催されました。写真作品は、日本のギャラリーでも多く扱われています。
この書籍は、人間的な建築写真に位置づけられます。舞台は、建築家ルイス・バラガンの家です。これは、写真であり、フィルムであり、インスタレーションかパフォーマンスの形で展開されています。平川氏の作品は、美術(芸術)によって社会の変化を示します。それは、社会的には、タブーとされるものセクシュアリティーや自殺行為、社会秩序や文化的概念を意識した上で、知覚的にこのタブーを提示された時、人々は何を思うでしょうか。不思議な、モノクロームの写真集です。

出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、スペイン語
ページ数: 128ページ
サイズ:  25 x 30 cm
状態:   新刊

販売価格

4,300円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍