アドルフ・ヴェルフリ【Creator of the univers】

アドルフ・ヴェルフリ(Adolf Woelfli 1864年 - 1930年)
スイス出身。芸術家、詩人、作曲家。アウトサイダー(アール・ブリュット)というカテゴリーが出来た後は、アウトサイダー・アートティストとして書かれることがあります。幼少時代、早くに両親を失い孤児院で育ち、過酷な農場の仕事につき、その後軍隊に入団したが児童虐待で有罪判決を受けた後、1895年から強烈な幻覚症状と精神の病いにより、精神病院で生活をしています。入院当初より、絵を書くこと・詩を書くこと・作曲することを自身で行なっており、その後1904年から1906年の間に鉛筆で描かれたドローイング(50ペンシルシリーズ)に始まり、1910年には彼の創りだしたものが作品と見なされ、彼自身は、アーティストとしての精神患者と言われるようになります。

本書は、ヴェルフリの経歴の全貌を紹介したものになります。自身の経歴を日記形式に綴った本人によるテキストを含め、鉛筆画、楽譜、詩、暗号や数字の記述のようなもの、日記など沢山の資料が掲載されています。ヨーロッパの古いお伽話のような世界、文字や六線譜(五線譜を六にしていた)を散りばめ、画面いっぱいに描かれた彼の世界はとてもユニークです。細部も細かく描かれており、じっくりと見たくなる絵画がご覧いただけます。

出版社:  Arvor vitae
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語 (一部、ドイツ語)
ページ数: 372ページ
サイズ:  28 x 25 cm
状態:   新刊

販売価格

7,500円(内税)

購入数