シグマー・ポルケ【Fenster - Windows Grossmunster Zurich】

シグマー・ポルケ(Sigmar Polke 1941年 - 2010年)旧東ドイツ・シュレージェン地方出身の画家です。53年にデュッセルドルフに移住し、61年−67年デュッセルドルフ美術アカデミーにて学びます。60年代後半よりドイツで起こったアメリカのポップ・アートに影響を受けたジャーマン・ポップの代表作家として注目を浴びます。網点ドットによる絵画、カンヴァスの代わりにプリント生地や透明な支持体に描いた絵画、そしてフルクサスのように美術と日常の境界を行き来するような作品を制作します。63年には、同国を代表する画家ゲルハルト・リヒターらと共に”資本主義リアリズム”を標榜。1986年のヴェネチア・ビエンナーレでは、金獅子賞を受賞しています。2002年には、第14回高松宮殿下記念世界文化賞(絵画部門)を受賞。

本書は、2009年にスイス・チューリッヒのグロスミュンスター大聖堂に完成したポルケによる12枚のステンドグラスについてまとめられた書籍になります。7枚のロマネスク式の窓には、薄くスライスされた瑪瑙が使われ微妙に調節された人口ライトが組み込まれ色の発色を考慮したものになっています。残りの5枚は、旧約聖書から選ばれた画像がポルケによってデザインされなおされています。伝統的なステンドグラスの技法とそして現在の技術、そして何よりもポルケの美意識の高さを物語るこのステンドグラスの全貌を御覧いただける書籍となっています。全体を写した写真から、アップの写真まで90枚以上の写真や参考文献が掲載されています。

出版社:  Parkett/Zurich Grossmunster
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 208ページ
サイズ:  30.5 x 22 cm
状態:   新刊

販売価格

8,100円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍