アレックス・カッツ【Alex Katz】

アレックス・カッツ(Alex Katz 1927年 - )アメリカのフィギラティヴ・アーティストです。ブルックリンで生まれ、1946年から1949年はニューヨークのThe Cooper Unionで学び1949年から1950年はメイン州のSkowhegan School of Painting and Sculptureで学んでいます。特にSkowheganでの経験は、彼の画家としての人生を決定するものでした。カッツは自身の絵画スタイルを発見するために初期の10年間の約1000枚の絵画を破棄したことを認めています。「ひとつに私はすでに公認されていることをしたくはない。特定の題材において、私は基本的に物語が好きではないんです」と言っています。絵画作品は、均一に塗られた絵の具、選ばれたシンプルなアウトライン、木製のパネル(最初はアルミ)を特徴とします。これは、日本の版画家喜多川歌麿からの影響とされています。このスタイルを維持しながら、60年代、70年代、80年代と各年代に明確なシリーズを描いています。また60年代後半には版画、70年代後半には公共の施設とのコラボレーションなどを行なっています。

本書は、1950年代から現在に至るカッツの作品を300ページ以上のボリュームで紹介する書籍になります。
批評家、キュレーターによるエッセイの他、カッツの嫌うテーマ「アカデミー」について、1959年に書かれた初期のテキストや、アーティストになりたての頃の反響について語られた最近のテキスト、批評家のデイヴィッド・シルヴェスターや、画家のフランチェスコ・クレメンテ、ジェーン・フレイリチャー、リチャード・プリンスらによるインタビューも収録されています。


出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 336ページ
サイズ:  29.8 x 26 cm
状態:   新刊

販売価格

7,000円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍