アンゼルム・キーファー【Anselm Kefer】

アンゼルム・キーファー(Anselm Kiefer, 1945年 - )ドイツ出身、同国の新表現主義を代表する現代アーティストであり、世界的にも注目されている芸術家の一人でもあります。デュッセルドルフ芸術アカデミーにて、ボイスに師事した彼は、日用品を用いた手法に影響を受けます。その後、1970年中頃から1980年に起こった現代絵画の動向である『ニュー・ペインティング』にて脚光を浴びます。彼の作品は、古代ギリシア・ローマの歴史からインゲボルグ・バッハマンやパウル・ツェランの詩、新約聖書から神話までを隠喩し、再構築します。そのような歴史的なテーマと、厚く盛り上げひび割れた絵具、乾燥した植物や鉛・針金などを素材として使用することが、キーファーの作品の特徴として挙げられます。表現形態は、絵画、彫刻、インスタレーションなど多様な作品を生み出しています。

本書は、2014年に新たに刊行されたペーパーバック版となります(初版は、2001年に刊行されました)。頁数344ページ、394点のカラー図版を掲載したアンゼルム・キーファーに関する読み物となります。著者:Daniel Arasseは、1980年のヴェネチア・ビエンナーレよりキーファーの作品への国際的な評価と”Germanness”をめぐる論争の両方からキーファー作品を論じます。目次は、「Labyrinth」「Venice,1980」「Books 機廖Arts of Memory」「Palettes」「Act of Mourning」「Book 供廖Repositioning」「Lead」「Threads of Time」「’Something Raw'」です。ノルディックやゲルマン神話、ユダヤ教の神秘主義、宇宙や古代、天と地、神と人間などキーファー作品の重要なテーマを引き出しより深い作品への理解にたどり着く為の一冊となっています。

出版社:  Thames &Hudson
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 344ページ
サイズ:  23.1 x 17.2 cm
状態:   新刊
その他:  図版409点(内カラー図版394点)

販売価格

4,500円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍