アンゼルム・キーファー【Anselm Kiefer】

アンゼルム・キーファー(Anselm Kiefer, 1945年 - )ドイツ出身、同国の新表現主義を代表する現代アーティストであり、世界的にも注目されている芸術家の一人でもあります。デュッセルドルフ芸術アカデミーにて、ボイスに師事した彼は、日用品を用いた手法に影響を受けます。その後、1970年中頃から1980年に起こった現代絵画の動向である『ニュー・ペインティング』にて脚光を浴びます。彼の作品は、古代ギリシア・ローマの歴史からインゲボルグ・バッハマンやパウル・ツェランの詩、新約聖書から神話までを隠喩し、再構築します。そのような歴史的なテーマと、厚く盛り上げひび割れた絵具、乾燥した植物や鉛・針金などを素材として使用することが、キーファーの作品の特徴として挙げられます。表現形態は、絵画、彫刻、インスタレーションなど多様な作品を生み出しています。

本書は、2014年9月27日から11月14日までイギリス・ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツにて開催された展覧会時に同時刊行された書籍になります。
245ページのこの書籍内には多くの図版が収められています。Kathleen Sorianoによる「Buliding, Dwelling, Thinking」、Christian Weikopによる「Forests of Myth, Forests of Memory」、Richard Daveryによる「In the beginning is the end and in the end is the beginning」の3つのエッセイに始まり、1969年から2013年までを11のセクションに分けて掲載された、水彩画、版画、絵画など多くの作品が大きな図版にてご覧いただけます。また、インスタレーション作品の展示風景やアトリエの写真なども収録されています。

出版社:  Royal Academy publications
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 245ページ
サイズ:  30 x 28.2 cm
状態:   新刊
その他:  図版409点(内カラー図版394点)

販売価格

4,800円(内税)

購入数