ヴィクトル・ヴァザルリ【The Birth of Op Art】

ヴィクトル・ヴァザルリ(Victor Vasarely, 1906 – 1997)1960年代に隆興した、錯視効果を利用し、色面同士の関係性より2次元上に動きや立体感を作り出す、オプ(オプティカル)・アートを代表するハンガリー出身のアーティストです。
プダペスト大学にて医学を学んだ後、伝統的な絵画を学び始めます。その後、バウハウスの影響を受けた美術学校にてグラフィックやタイポグラフィーを学び、グラフィックデザイナーとして働きます。1930年にパリへ移住した後も、広告会社のデザイナーを続けましたが、第2次大戦後パリにアトリエを構え、有機的造形を用いた絵画作品の制作を始めます。1950年代の初頭からは、幾何学的像造形と錯視効果を取り入れた絵画や彫刻の制作へと移行して行き、1965年にニューヨーク近代美術館で開かれたオプ・アートを紹介する展覧会『The Responsive Eye』に出品し脚光を浴びます。

本書は、ハンガリー・ブダペストのヴァザルリ美術館のコレクションを中心として、彼の人生と作品を包括的に紹介する書籍となります。スペイン・マドリードにあるティッセン=ボルネミッサ美術館にて、2018年夏開催の展覧会に合わせて刊行されました。ヴァザルリのキャリアにおいて重要な創造の期間をカバーし、その芸術的発展を年代順に紹介しています。
戦後の幾何学的抽象作品の探求として、広く知られる彼の代表作だけでなく、彼の行った実験についての洞察、それによって生み出された作品の原理や理論的方法についての資料によって、オプアートの出現とその成果をたどることのできる一冊となっています。


出版社:  Museo Thyssen-Bornemisza, Madrid
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 200ページ
サイズ:  28.8 × 22.6cm
状態:   新刊

販売価格

9,300円(内税)

購入数