エドヴァルド・ムンク【The Early Masterpieces】

エドヴァルド・ムンク(1863年-1944年)は、ノルウェー出身の画家。1889年フランスに留学し、ゴーギャン、ゴッホなどの画家に影響を受けます。1982年、代表作となる『叫び』などの一連の絵を描くも、まだまだ写実的な絵画が多数派であった当時、展覧会は保守的な協会側から中止を要求され、スキャンダルとなったそうです。しかし、孤独・嫉妬・不安などの感情を、デフォルメされた人物や強調された色彩で現したムンクの作風は、後に20世紀初頭のドイツ表現主義に大きな影響を与えることになります。
本書は、初期の作品からムンクの画風が確立される1900年までの代表的な絵画を収録しており、ムンクの入門書として適した一冊となっています。
ちなみに『叫び』は、絵画で史上最高の約96億1千万円で落札されたそうです。(2012年6月現在)

出版社:  Schirmer/Mosel
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 104ページ
サイズ:  19.2 x 14.4cm
状態:   新刊

販売価格

1,170円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍