ウィレム・デ・クーニング【Willem de Kooning】

ウィレム・デ・クーニング(Willem de Kooning, 1904 - 1997年)
オランダ・ロッテルダム出身、アメリカ合衆国で活動した20世紀を代表する抽象表現主義の画家です。ジャクソン・ポロックと並ぶ「アクション・ペインティング」の代表的画家と称され、動きのある構図や自由な色彩、勢いある筆触などを伴った抽象絵画は「熱い抽象」とも呼ばれています。
20代前半に画家を志してニューヨークに移り、商業美術などの仕事で生計を立てる中で、アルメニア出身の画家アーシル・ゴーキーと出会い、多大な影響を受けます。
1948年に、ニューヨークのイーガン・ギャラリーにて初個展を行い、ロースカロライナ州のブラック・マウンテン・カレッジでも教鞭を執っています。この頃、ブラック・マウンテン・カレッジで学んでいたロバート・ラウシェンバーグは、1953年に「消されたデ・クーニング」と題したを制作しています。
1940年代より人物表現に関心を寄せ、1950年代に悪意を感じさせる程の激しい筆触と色彩によって抽象的に女性を描いた「女」シリーズで、抽象表現主義の画家として一躍脚光を浴びます。
以降も、人物・風景などの具象と抽象を行き来しながら絵画制作を続け、激しい作風は徐々に洗練された筆跡と透明感のある色彩へと変化していきます。
1970年代以降はイギリスの彫刻家ヘンリー・ムーアとの交友から大規模な彫刻作品も制作しています。

本書は、2014年5月に刊行されたクーニングの制作の全貌を、大きな書籍サイズにて御覧いただける一冊となります。前回までのスリップケースが省かれ、お求めやすい価格でリニューアルされました。1916年12歳の頃から晩年までの作品が掲載されており、とくに50年代から80年代の主要なシリーズは図版は大変見応えあるものとなっています。また、版画や彫刻作品なども掲載されています。


出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 288ページ
サイズ:  30.2 x 33 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版300点

販売価格

8,500円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍