クリスチャン・ボルタンスキー【Afterthoughts】

クリスチャン・ボルタンスキー(Christian Boltanski 1944年 - )
フランス・パリ出身のアーティストです。「生と死」「不在」という概念をテーマに作品を制作し続けているフランスを代表するアーティストの一人でもあります。1985年以降に制作の始まった、祭壇のような舞台にアウトオブフォーカスの肖像画、それを履かない飾り電球で照らしたインスタレーション作品は、世界各地で展示され、ホロコーストという歴史的な大罪を強烈に意識させる作品となった。
1968年に短編映画と彫刻作品を用いた初個展をパリのラヌラグ劇場にて開催。1972年にはドイツ・カッセルのドクメンタ5に招待され、「D家のアルバム1939-1954」を展示。1984年にポンピドゥー・センターにて大規模な回顧展を開催。ここ日本では、1990年に水戸芸術館にて初個展を開催。2000年、2003年、2006年には、「大地の芸術祭 越後妻有アート・トリエンナーレ」に参加。

本書は、1997年5月30日から9月7日にイタリア・ボローニャのVilla delle Roseにて開催された展覧会時の際、刊行された書籍になります。ボルタンスキーの初期の作品から、この展覧会時に始めて展示されたインスタレーションも掲載され、1960年代後半かた1990年代に制作された主要な作品がご覧いただけます。

【SALE: 5,000円 → 3,000円】

出版社:  Charta
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語、イタリア語
ページ数: 199ページ
サイズ:  28 x 22 cm
状態:   新刊

販売価格

3,000円(内税)

購入数