アネット・メサジェ【Continents Noirs】

アネット・メサジェ(Annette Messager, 1943年生まれ)フランスを代表する現代美術家です。北フランスに生まれ、パリ国立装飾美術学校を卒業。1968年には、フランス五月革命を体験しこの経験は、彼女の制作に大きな影響を与えました。70年にはクリスチャン・ボルタンスキーと出会い、1990年に二人展を開催しています。2005年第51回ヴェネチアビエンナーレにパヴィリオン賞を受賞。
現在も、勢力的に活動を続けるアーティストです。雑誌・刺繍・ぬいぐるみ・ショッピングバッグなど身近な小物などを使用しインスタレーション作品を多く手がけています。

本書は、2012年にフランスにて開催された展覧会と同時刊行された書籍になります。「Cotinents noir(黒い大陸)」と題されたこの展覧会及び作品群は、フロイトの無意識とスウィフトのガリバー旅行記から喚起しており、黒いオブジェや黒いアニメーション、ファンで揺らめく女性のドレスなどの多数のインスタレーションで構成されています。書籍も、袋綴じ本となっており、間には油紙のような茶系の薄紙がはさみこまれています。アメリカのSF小説家 Norman Spinradによるエッセイも掲載されています。

出版社:  Editions Xavier Barral
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 80ページ
サイズ:  23.2 x 29.7 cm
状態:   新品
その他:  カラー図版8点、 白黒図版56点

販売価格

6,200円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍