ニコラ・ブリオー【Relational Aesthetics (関係性の美学)】

ニコラ・ブリオー【関係性の美学】
1998年に「Esthetique relationnelle」という題名にてフランスにて刊行されたニコラ・ブリオーによる論文集です。2002年に英語版の初版が刊行されました。この「関係性の美学」は、キュレーターでもあり批評家でもあるブリオーが1990年代のヨーロッパのアート作品を言語を用いて紹介したものです。特に1990年代初頭に多く始まりまた知られるようになった現代アートの新しい流れを始めて言語化したという点で同書内に書かれている”リレーショナル・アート”や”関係性の美学”という言葉は、現代アートの一つのキーワードとして今なお使用されています。
170名を超えるアーティスト、哲学者、美術学校などが散りばめられ、その中でもフェリックス・ゴンザレス=トレス、ドミニク・ゴンザレス=フォレステル、リクリット・ティラヴァーニャ、リアム・ギリック、フィリップ・パレーノなどのアーティストなどは数頁に渡り論じられています。コミュニティ・アートなどに興味のある方は是非。

著者:   Nicolas Bourriaud
出版社:  Les presses du reel
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 125ページ
サイズ:  21 x 15 cm
状態:   新刊

販売価格

1,700円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍