ロバート・フランク【Frank Films】

ロバート・フランク (Robert Frank 1924年 - ) スイス・チューリヒ出身。1947年にアメリカに移住。現代写真を代表する写真家の一人です。
20代でアメリカに移り、ハーパース・バザーなどのコマーシャル写真(ファッション写真)の仕事を始めます。その後、欧州を中心に様々な場所を旅しながら撮影し始め、その功績はエドワード・スタイケンやウオーカー・エヴァンズらに認められます。「ザ・ファミリー・オブ・マン」展への参加や、フォーチューン誌にて写真を発表している。1955年には、外国人として初めてグッゲンハイムの奨学金制度を取得。「アメリカの広範かつ豊富な写真による記録」を目的とし1956年までアメリカ各地を撮影する。そして、1958年に代表作「The Americans」をパリにて刊行。この写真集は、外国人が素直に捉えた1950年代の黄金期のアメリカの写しだし高い評価と影響を与え、また従来の写真美学とは違った映画的なシークエンスによる見せ方がドキュメンタリー写真の新たな可能性を見せるものでした。

本書は、2003年にオーストリア・グラーツにて行われた展覧会「Robert Frank - Retrospective of the film and video」を元に2009年に刊行された書籍になります。1958年以降からロバート・フランクは、16mmフィルムやビデオなどの映像作品を制作していました。本書には、1958年から2005年の間に制作された27本の映像作品のスチール写真と説明が掲載されています。また、アレン・ギンズバーグへの1985年のニューヨークでのロバート・フランクについてのインタビューなども掲載されています。

【SALE: 3600円 → 2160円】

出版社:  Steidl
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 272ページ
サイズ:  24 x 17 cm
状態:   新刊

販売価格

2,160円(内税)

購入数