クロード・モネ/マーク・ロスコ【Monet / Rothko】

クロード・モネ(Claude Monet 1840年 - 1926年)フランス・パリ出身。印象派を代表するフランスの画家。光の画家と称されている。10代の頃より、絵画作品を制作し、文具店の店先に陳列された。ジャック=フランソワ・オシャールにデッサンを学ぶ。1860年により、アカデミー・シュイスに入学。1861年には徴兵を受け、アフリカに兵役を務めた。1862年には、オランダの画家ヨハン・ヨンキントに出会い、影響を受ける。また、シャルル・グレードのアトリエに入る。1965年には、サロン・ド・パリに初出品し入選。1870年普仏戦争時は、オランダを経てロンドンい渡り、ターナーやコンスタブルを研究した。1974年4月15日から5月15日まで、写真家ナダールの写真館で、「第1回印象派展」を開催。1878年ヴェトゥイユに移住。1881年ポワシーに移住。1883年にジヴェルニーに移住し、1926年に亡くなるまでこの地で制作を続けた。

マーク・ロスコ(Mark Rothko 1903年 - 1970年)ロシア北西部(現ラトビア共和国)出身の芸術家。1913年にアメリカ合衆国に移住。ジャクソン・ポロック、バーネット・ニューマン、ウィレム・デ・クーニングらとともに、抽象表現主義の代表的な画家の一人でもある。イエール大学にて心理学を学び、後にパーソンズ美術大学にてデザインを学ぶ。デザイナーや彫刻コースの教員などを経て、1933年に水彩画とドローイングの初個展を開催。1940年より、神話や現代人の精神性に興味を持ち、それらから影響を受けた独自の抽象画を生み出した。日本ではDIC川村記念美術館にて、「シーグラム壁画」と呼ばれる壁画シリーズ7点を観ることができる。

本書は、2022年3月18日から6月3日まで、フランス・ジヴェルニーのThe Musee des Impressionnismes Givernyにて開催の展覧会を機に刊行されました。
後期印象派に関する近年の研究では、印象派の代表であるクロード・モネの作品と抽象表現主義の代表であるマーク・ロスコの作品には、否定できない一地点があると論じられています。
展覧会及び書籍では、60点の作品を掲載し、約半世紀の時を経て描かれた彼らの作品の驚くべき類似点と、巨匠である彼らのスタイルの相違点の重要性を探っています。例えば、モネは、自然の印象の即時性を伝え、ロスコは重ね合わせ織り交ぜた色の深みに鑑賞者を引き込みました。
著名な批評家の分析を通じて文脈化され、偉大な芸術家の絵画作品に新たな洞察を提供しています。

出版社:  Flammarion
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 112ページ
サイズ:  31.2 x 24 cm
状態:   新刊
刊行年:  2023年
ISBN:   9782080294715

販売価格

6,820円(内税)

SOLD OUT



新入荷!