• オランダ・アムステルダムを拠点に世界へインディーズ系アートブックを届けるディストリビューター:アイデアブックス。今回、Bonjour!現代文明さんと建築スタジオ:STUDIO RAKKORA ARCHITECTSショールームの2ヶ所にて、一般公開のアイデアブックス内覧会が開催となります。STUDIO RAKKORA ARCHITECTSさんでは、ユリーカのスタッフ2名が常駐しております!またBonjour!現代文明さんでは、誠光社さんセレクトによるイタリアの出版社Corrainiもフィーチャーされております。春の河原町丸太町エリアをめぐりながら、書籍を楽しんでいただけましたら嬉しいです。
  • ・シャジア・シカンダー『Extraordinary Realities』古典的なアジアの細密画を踏まえた、独自のドローイング作品で知られるパキスタン出身のアーティスト:シャジア・シカンダー。緻密で美しい描写と想像力豊かな物語性を大きな特徴として、南アジア、西アジア、西洋の視点から作成された、パワフルな初期作品をまとめた最新作品集。
  • “Artbook
  • Experimental Jetset - Superstructures (notes On Experimental Jetset / Volume 2)世界中で多種多様なプロジェクトを手がけるオランダのデザインスタジオ・エクスペリメンタル・ジェットセットが、彼ら独自のデザイン視点をまとめた書籍シリーズの第2弾。都市と言語のストラクチャーから新しいデザイン実践を生み出す、知的で刺激的な最新鋭のデザイン書です。
  • 2009年にノルウェーで創刊され、2011年からはドイツ・ベルリンを拠点に現代のドローイングをフィーチャーしたアート雑誌『Fukt Magazine』。毎号違った斬新な表紙デザインと仕掛け、そして雑誌に付き物である広告等のPRが一切なく、余すところなくドローイング作品についてのみ取り上げています。現代の興味深い描画を焦点に、世界中のアーティストの中から毎号様々なアプローチのドローイングを紹介。
  • オランダのグラフィックデザイナー&タイポグラファーであるカレル・マルテンスの最新書籍が入荷しました!2019年から2020年にかけて制作した41点のモノプリントのコレクションを一冊にまとめた書籍です。形、色、レイヤー、質感、偶然性、、グラフィックデザインの限りない可能性を愉しむ一冊。
  • ミカエル・アムザラグ(Michael Amzalag 1968年 - )とマティアス・オウグスティニアック(Mathias Augstyniak 1967年 - )により1992年に設立されたフランス・パリを拠点に活動するデザインユニットM/M Paris。独創的なタイポグラフィやドローイングの組み合わせ、非常に印象的で影響力のある21世紀のデザインとアートの関係をもつ彼らのモノグラフが到着しました。
  • 古典との邂逅。サイ・トゥオンブリーの最新刊が刊行されました。若きトゥオンブリーのイタリアとの情熱的な出会いと、歴史的精神との対話を追った書籍です。
  • アートブック・ユリーカのメールマガジン登録のご案内

 News | 更新情報

新入荷

【Arte Povera】

2,500円(内税)







【Vitamin D3】

7,800円(内税)