ベレニス・アボット【Selected Writings】

ベレニス・アボット(Berenice Abbott 1898年 - 1991年)アメリカ合衆国・オハイオ州出身の写真家。ストレートフォトグラフィーで知られる女性写真家の一人であり、アジェの作品を購入しアメリカで紹介した人物でもある。特に、20世紀の戦時中の文化人のポートレート写真やニューヨーク市内の建築や都市の写真で知られる。1921年パリに渡りAcademie de la Grande Chaumiereとドイツ・ベルリンのPrussian Academt of Artsにて学ぶ。1923年よりマン・レイのアシスタントになる。1925年には、ジャン=ウジェーヌ・アジェに出会い、アジェの死後、作品をまとめて購入し、アメリカでの写真集出版を目指し、版元探しを行った。後に作品は、ニューヨーク近代美術館に収蔵させた。1928年にパリに写真スタジオを開いた。20年代後半にニューヨークへ戻り、連邦美術計画FAP-Federal Art Project「変わりゆくニューヨーク」に写真家として参加。また、1930年代にはマンハッタンの急成長を記録した。また、1930年代の都市デザインや1940年代から1960年代の科学の解釈についても言及している。

本書は、アボットの4つの主要な執筆「Photography and Science」(1939)、「A Guide to Better Photography」(1941)、「The View Camera Made Simple」(1948)、「The World of Atget」(1964)から構成され、写真の世界に没頭するためのガイドブックとして機能します。これらのテキストは、潜在的な重複を避けるために少し編集されており、現代の読者にとってはそれほど興味がないかもしれない高度な技術の章もあります。並外れた理論的内容を提供し、良い写真を撮るための正確な指示とそれを行うための視覚的なツールを取得する方法、そして、当時と今日とでカメラを所有することの違いと責任についての考察を促しています。本書の編集者であるEstrella de Diegoが、序文で説明する様に、「今日、写真は誰もが楽しめる、誰もが利用できる習慣になり、テクニックやスキルは必要としないアクティビティの一つとなりました。そして、1920年代と30年代に写真で生計を立てようと決心した、当時では珍しい女性の活動であり、現代の最も熱心な写真家の一人であるベレニス・アボットの著書を振り返ることははとても興味深く魅力的です。」

出版社:  Ivorypress
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 184ページ
サイズ:  21 x 13 cm
状態:   新刊

販売価格

3,800円(内税)

SOLD OUT



新入荷!






人気書籍