ヨゼフ・アルバース/ジョルジュ・モランディ【Never Finished】

ヨゼフ・アルバース (Josef Albers 1888年 - 1976年)ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州出身の芸術家。1920年よりバウハウスのヨハネス・イッテンの元で学び、1925年にデッサウにバウハウスが移転した頃より、自身も同校で教鞭を執る。(同時期にアニー・アルバースと結婚)1933年には、アメリカ合衆国へ移り、ブラックマウンテンカレッジにて教鞭を執る。アルバースの色彩論「色彩構成」は、今なお多くの人々に影響を与えている。遠近法(透視図法)的な空間と異なり、アルバースの作品は、色彩による錯視のメカニズムを利用して、空間を運動へと導く。錯視の効果が他の影響を受けないように、あえて直線を組み合わせた作品を制作。しかし、その直線は見ていても飽きない豊かな空間とリズムを持つ。ヨハネス・イッテンの色彩論は今でも美術/デザインの基礎とされていますが、アルバースのさらに一歩進んだ色彩理論を展開している。20世紀の現代美術教育のプログラムを形成した。

ジョルジュ・モランディ(Giotgio Morandi 1890 - 1964年)イタリア・ボローニャ出身。20世紀のイタリア美術史において重要な画家の一人。多くの芸術運動が起こる中で、生涯に渡り特定の画派や運動に入らず静物画・風景画の独自のスタイルを確立した。生涯のほとんどを故郷ボローニャと近郊の避暑地で過ごし、絵画研究のためローマ・フィレンツェを訪れた。初期には未来派や形而上絵画に少しながら接触があった。(デ・キリコ風の作品を残している)1950年以降、国際的な展覧会に出品を機に世界で知られる画家となる。1993年イタリア・ボローニャにモランディ美術館が設置された。ここ京都の京都国立近代美術館でも1990年に大規模な個展が開催された。

本書は、2021年1月7日から3月27日まで、アメリカ合衆国・ニューヨークのDavid Zwirnerで開催された展覧会を機に刊行されました。The New YorkerのPeter Schjeldahlが、「今までみた中でも、最高の一つ」と称した展示であったこの珍しい組み合わせの展覧会では、二人の偉大な芸術家の類似点を探りました。
単純なオブジェクトの形、そしてセザンヌに影響を受けた二人を探求した展示です。書籍では、本展のキュレーターDavid LeiberとドイツのJosef Albers Museum Quadrat Bottropの館長Heinz Liesbrockによる色彩と形をテーマとした対談、Josef and Anni Albers MuseumのディレクターNicola Fox Weber、モランディの研究者であり、The Center for Italian Modern Artの創設者Laura Mattioliによるエッセイを収録。


出版社:  David Zwirner Book
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 144ページ
サイズ:  25.4 x 23 cm
状態:   新刊
その他:  図版50点

販売価格

6,100円(内税)

購入数



新入荷!