フランシス・ベーコン【Francis Bacon or The Measure of Excess】

フランシス・ベーコン(Francis Bacon 1909−1992年)アイルランド出身。20世紀を代表する画家の一人でもある。正規の学校教育・美術教育を受けていない。パリに移住しピカソの絵画に触発され1926年より絵を描き始め、1929年頃からは油彩を始めた。1934年に初の個展をロンドンにて行いますが、その後1930年−1940年代の作品を全て破棄。1944年より、活動を再開し代表作の一つ「有る磔刑の下の人物のための三習作」を発表した。暴力的なデフォルマシオン(変形・歪曲)を加えた作品は衝撃を与え、54年にはルシアン・フロイドとともにイギリス代表としてヴェネチア・ビエンナーレに参加。今尚、世界中の人々を魅了し、その作品は世界の主要な美術館に収蔵されている。

本書は、フランシス・ベーコンの親友であるイヴ・ペールによって書かれたベーコンの人生と作品への親密な洞察をまとめた一冊です。また、包括的なモノグラフでもあるこの書籍は、1920年代の初期のデザインの仕事から1980年代の不穏で感情的なトリプティックまで、ベーコン芸術の詳しく説明しています。
苦しみ、捻れ、そして耳障りな不協和音。ベーコンの世界の分割されたビジョン。それらは、文明と野蛮、美と醜さ、生と死の間で揺れ動き続けました。古典文化と西洋神話の彼の研究は、内側の憎悪を呼び起こすことと同じように興味をそそり、暴力と狂気の暗く崇高な世界を描くことへ導きました。
ベーコンと著者ペールの個人的な繋がりは、フランシス・ベーコンをより詳細にそして感動的な物語となり、哲学、詩、芸術を散歩するようにこのベーコン芸術の世界へ誘います。

出版社:  ACC art Books
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 328ページ
サイズ:  29 x 24 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版130点

販売価格

7,800円(内税)

購入数



新入荷!