ダミアン・ハースト【Cherry Blossoms】

ダミアン・ハースト(Damien Hirst 1965年 - )イングランド・ブリストル出身。イギリスを代表する現代芸術家。ヤング・ブリティッシュ・アーティストの一人でもあり、1990年代以降の現代美術に大きな影響を与えた。一貫したテーマ「生と死」を奇抜な作品で表現し、自身をセレブ・アーティストと呼ぶなどハースト自身のアーティストとしての像も同時につくりあげ、ディレクター・キュレーターとしての能力も認められている。
1986年から1989年には、イギリス・ロンドンのゴールドスミス・カレッジにて学び、在学中に企画した荒廃したビルを使用した展覧会”Freeze”で注目を浴びる。その際、現在のサーチ・ギャラリーに見出され、イギリスの若手アーティストによる現代美術の流れであるヤング・ブリティッシュ・アーティストの一人として認知される。(この頃に代表作、サメのホルマリン漬けの作品:The Physical Impossibility of Death in the Mind of Someone Livingを制作)。1991年に初個展、1993年にはヴェネチア・ビエンナーレにてホルマリンに漬けられ切断された牛と子牛の作品を展示、1995年にはターナー賞を受賞。

本書は、2021年7月6日から2022年1月2日まで、フランス・パリのFoundation Cartier pour l’art contemporainにて開催の展覧会を機に刊行されました。
1986年のスポットペインティングから始まったハーストとキャンバスの物理的な関係は、彼の長い経歴において新しい章に入り、この107点のCherry Blossomsが完成しました。この桜についてハースト自身は、「派手で、乱雑で、壊れやすい」と表現しています。豊かな色彩と印象的な数々の桜は、19世紀と20世紀の絵画芸術の盗用と賛辞の両方です。書籍では、きらめく桜の絵画が、18点の見開きページを収録した特大のボリュームで紹介されています。現在も尚、現代美術界で最も有名な一人であり、彫刻、絵画、インスタレーション、パフォーマンスに至るまで、驚くほど多様な作品で鑑賞者を驚かせ続けています。2012年にはイギリス・ロンドンのテートモダンにて、彼の30年のキャリアを紹介した回顧展が開催されました。

出版社:  Foundation Cartier
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 414ページ
サイズ:  36.5 x 26 cm
状態:   新刊
その他:  図版200点

販売価格

7,900円(内税)

購入数



新入荷!