トニー・クラッグ【Volume I: Works on Paper】

トニー・クラッグ(Tony Cragg 1949年 - )イギリス・リバプール出身。彫刻家。
科学に興味のあった1960年半ばには、国立天然ゴム生産調査機構にて技術者として勤務。その後、1969年よりアートを志し、グロスターシャー美術デザイン学校、ウィンブルドン美術学校、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートにて学び、70年代後半に西ドイツのヴッパタールに移住し、プラスチックやガラス、合板などの素材を組み合わせ、人物や道具などを連想させる作品を発表します。
80年代のイギリス美術の一つのムーブメント『ニュー・ブリティッシュ・スカルプチャー』を、アニッシュ・カプーア、リチャード・ディーコン、アントニー・ゴームリーらと共にリードした一人でもあります。2008年には、ドイツ・ヴッパータールに、『Waldfrieden(ヴァルトフリーデン)』という自然とアート・建築・音楽が共存する彫刻公園を実現させました。1988年ターナー賞を受賞し、デュッセルドルフ芸術アカデミーの教授に就任します。2007年、高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。

本書は、全5巻にて刊行予定のクラッグのカタログ・レゾネ(全集)の第1巻目となる、彼の紙による作品が初めて包括的にまとめられたものとなります。過去30年の間に、クラッグは主要な彫刻作品と共に、絵画や版画などの創作を行ってきた、ドローイング、水彩画、ガッシュ、版画など1800点以上の作品が、アーカイブ番号と共に網羅的に収録されています。クラッグの彫刻とは別の形での思考と実践の数々を、詳細に追うことのできる一冊となっています。


出版社:  Walther Konig
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 420ページ
サイズ:  29 x 23 cm
状態:   新刊
その他:  図版478点

販売価格

7,500円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍