タール・アール【Academy of Tal R】

タール・アール(Tal R 1967年 - )イスラエル・テルアビブ出身。現在は、デンマーク・コペンハーゲンを拠点に活動を行っています。作品は、絵画、ドローイング、版画、テキスタイル、彫刻、家具など様々なメディアに跨っています。
1986年から1988年にコペンハーゲンのBlledskolen、1994年から2000年にRoyal Danish Academy of Fine Artsにて学んでいます。在学中より多くの展覧会に参加し、1994年にコペンハーゲンのSuger Clubにて初個展、2007年にはデンマークのLouisiana Museum for Moderne Kunstにて個展を開催。2005年から2014年は、ドイツ・デュッセルドルフのデュッセルドルフ美術アカデミーにて特別教授として招かれています。

本書は、意外な遊び心や馬鹿げた雰囲気を組み合わせ、自身の周りにあるものすべてを作品へと変換することで知られる、デンマークのアーティストであるTal R。本書は、ロッテルダムのMuseum Boijmans Van Beuningenにて行われた、過去約20年以上に渡るTal Rの作品を幅広く紹介する展覧会に合わせて出版された一冊。作品についてアーティスト自身の視点からの記述、絵画、彫刻、インスタレーション、コラージュ、版画、アーティストブックなどを掲載。また、Sjarel Ex、Roos van der Lint、Esmee Postmaによるエッセイも収録。

出版社:  Boijmans Van Beuningen
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 120ページ
サイズ:  27 x 21 cm
状態:   新刊

販売価格

6,000円(内税)

購入数