ハワード・ホジキン【Absent Friends】

ハワード・ホジキン(Howard Hodgkin, 1932 - 2017)画家、版画家。静物画家のエリオット・ホジキンの甥としても知られています。
ロンドンに生まれ、現在もロンドンに住み制作を続けています。ロンドンのCamberwell School of Artと、Bath Academy of Art, Corshamにてアートを学びます。1962年ロンドンにて初個展。初期の作品は、曲線による大胆な形態と人物をモチーフとし、限定された色彩を特徴としています。その後1970年ごろから、本能的で鮮やかな色彩と大胆で構成的な作風へと変化していきます。1980年にロンドンのヘイワードギャラリーのヘイワード・アニュアルに参加。1984年には、イギリス代表としてヴェネツィア・ビエンナーレに出品、1985年にはターナー賞を受賞しています。1995年に、ヴェネツィアの同じ景色の4つの異なる時間を表現した版画シリーズを制作。2006年にはロンドンのテート・ブリテンにて大規模な回顧展を開催しています。

イギリスのナショナル・ポートレート・ギャラリーで行われた、ホジキンのポートレート作品に焦点を当てた展覧会に合わせて刊行された一冊となります。1950年代の初期のポートレート作品に見られる描写は、以降50年以上に渡って心理性を増しつつ表現され、特定の状況で特定の人物を呼び起こすこととの関連が見られない抽象作品においても、その多くが人々や友人の追憶との関わりを示しています。
本書は、世界中の公共及び民間のコレクションより集められた主要作品によって、様々な友人や人々との関わりを追跡する内容となっており、展覧会のキュレーターであるPaul Moorhouseによる、肖像画、主題、方法論、記憶の役割などをキーワードに、ホジキン独自のアプローチを紹介するテキストのほか、年表、個々の作品に関する解説を収録しています。1949年の始まりから晩年に至るまで、ホジキンの絵画の発展をポートレートを軸として調査する興味深い一冊となっています。


出版社:  National Portrait Gallery
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 216ページ
サイズ:  24.8 × 28cm
状態:   新刊
その他:  図版100点

販売価格

4,800円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍