ダイアン・アーバス【Magazine Work】

ダイアン・アーバス(Daian Arbus 1923年 - 1971年)アメリカ・ニューヨーク出身。同国を代表するの女性写真家。全ての人々を適切に正常に取り上げる重要性を強調するよう努め、ストリッパー、カーニバルパフォーマー、ヌーディスト、ドワーフ、子供、母親、カップル、高齢者、中流階級の家族などを家、路上、職場、公園など身近な環境で被写体を撮影した。主題を客観化するのではなく、友情を深め、珍しい心理的強さを作品に捉えた。
戦後、ヴォーグやハーパース・バザーなどファッション写真家として活動を始めた。1950年代後半にはコマーシャルの仕事を辞め、彼女自身のテーマで作品作りに専念する。小人・巨人・精神病院の患者など、社会的マイノリティと呼ばれる人々をドキュメントした観る者に対して強く訴えかける作品は、リー・フリードランダーらと共に『ニュー・ドキュメンタリー』の作家として注目を集める。また、フォト・エッセイを発表するなど、文章も多く残す。1967年に撮影された、一卵性双生児の少女の写真は世界中で知られている。

本書は1960年代に、『Esquire』や『Harper's Bazaar』などの雑誌に掲載された写真をまとめた一冊になります。有名人やセレブリティ、ニューヨークのアートシーンの中心人物たち、貧民街、フェミニスト、レジャーなど様々なシーンをドキュメントしたポートレートに加え、アーバス自身による雑誌に寄稿されたテキスト、Thomas W. Southallによるエッセイを収録しています。
芸術と仕事の間に垣根を作ることなく取り組まれた、アーティストとしての成長期の作品として、アーバスのクリエイティビティをたどることのできる一冊となっています。

出版社:  Aperture
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 146ページ
サイズ:  28 x 23.3 cm
状態:   新品
その他:  図版146点

販売価格

3,800円(内税)

購入数



新入荷!