ウジェーヌ・アジェ【Postcards of a Lost Paris】

ジャン=ウジェーヌ・アジェ(Jean-Eugene Atget, 1857 - 1927)は、フランスの写真家です。
ボルドー近くのリブルヌで生まれ、後にパリに移ります。その後、商船の水夫、旅回りの役者として各地を転々とした後、41歳でパリに戻り画家を志します。それと共に、画家や建築家の為の資料としてパリの街の写真を撮影、販売し始めます。その後、画家の道を断念しますが、写真の制作は30年に渡って続けられ、約8000枚の写真を残しました。
アジェの写真は、19世紀末から20世紀初頭のパリの様子を今に伝える歴史的資料としての価値と共に、彼独自の美意識によって撮影された写真の美しさによって、現在もなお人々を魅了し続けています。

本書に収められたポストカードは、アジェが1920年代に時間と場所の繊細で詩的な記録者として認められる以前の活動初期に制作された、彼の人生で唯一となる出版物となります。マーケットの売店、風変わりな仕事、屋台、娯楽などパリに彩りを与え、いつも活発であり続ける小さな売買の様子を描写したイメージは、人生の儚い瞬間を捉えたものとなっています。
このポストカード・シリーズは、後の作品と直接のつながりを持たず、その起源は謎とされてきました。本書では、優美に再現されたイメージと優雅に翻訳されたキャプションによって、アジェが同時代の写真の傾向に参加し、彼の後の作品に影響を与えたことを知ることのできる一冊となっています。


出版社:  MFA Publicarions
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 136ページ
サイズ:  22.5 x 16.5 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版100点

販売価格

3,000円(内税)

購入数