レベッカ・ホルン【The Glance of Infinity】

レベッカ・ホルン(Rebecca Horn 1944年 - )ドイツ・ミヒェルシュタット出身のアーティストです。パフォーマンス、インスタレーション、彫刻、映画、ビデオ・アート、ドローイングなど多数の形態の作品を制作しています。
1963年ドイツ・ハンブルグ造形芸術大学に入学、1971年には奨学金にてイギリス・ロンドンのセント・マーチンズ美術学校で学んでいます。70年代初頭から80年代初頭はニューヨークを拠点に活動。1986年にカッセル・ドクメンタ賞を受賞。その後90年代には大規模な展覧会をアメリカ・ヨーロッパで行います。2009年には、ここ日本の東京現代美術館にて日本初の個展が開催されました。2010年には世界文化賞彫刻部門を受賞。

本書は、1997年にドイツ・ハノーファーのケストナーゲゼルシャフトで行われた、ホルンの大規模な個展に合わせて出版された書籍になります。
1968年から97年までのパフォーマンス、フィルム、彫刻、インスタレーション、ドローイングなど400ページ近いボリュームと豊富な資料により、ホルンのアートワークを詳細に追う内容となっています。
ケストナー・ゲゼルシャフトのディレクターを務めたCarl Haenleinを始めとする4名によるテキストのほか、作品リスト、アーティストの略歴、過去の展覧会リスト、フィルモグラフィー、参考文献の一覧を収録。

※書籍本体の状態は良好ですが、ダストカバーに多少の擦り傷、ヨレ等がございます。出版より年月の経つ書籍となりますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

出版社:  Scalo
タイプ:  ハードカバー
言語:   ドイツ語
ページ数: 392ページ
サイズ:  30.5 x 25.5 cm
状態:   中古品 並品

販売価格

6,800円(内税)

購入数