マルタ・ユングヴィルト【Martha Jungwirth】

マルタ・ユングヴィルト(Martha Jungwirth, 1940 - )
オーストリア・ウィーンの画家。ウィーン応用美術大学で学び、1968年には、アーティスト・グループ『Wirklichkeiten』と一人として展覧会に参加、1977年にはカッセルのドクメンタ5に出品しています。その後も、オーストリアを拠点にドローイング、絵画作品の制作を続ける他、1967年から10年間母校で教鞭を執り、1990年以降はザルツブルクやベルリンなどで教授として教育に携わっています。1997年には色彩に関する書籍を出版。2012年にオーストリア科学芸術名誉勲章受賞、近年はFrieze London 2016とArt Basel 2017で脚光を浴び、2018年には、ウィーンのアルベルティーナで初となる大規模な回顧展を開催しています。

本書は、2018年の3月から6月にかけて、ウィーンのアルベルティーナ美術館で行われたユングヴィルトの回顧展に合わせて出版された書籍になります。彼女は初期の頃から絵画の媒体として紙を積極的に使用し、抽象画と具象画の境界を横断しながら約50年に渡って制作を続けてきました。本書では初期から最新作まで、繊細で透明感のある印象的な色彩の大型のドローイング、絵画作品約100点をご覧いただけます。


出版社:  Kerber Verlag
タイプ:  ハードカバー
言語:   ドイツ語
ページ数: 160ページ
サイズ:  29 x 25 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版100点、モノクロ図版4点

販売価格

4,800円(内税)

SOLD OUT