マイク・ケリー【Missing Time】

マイク・ケリー (Mike Kelley 1954年 - 2012年)アメリカ・ミシガン州出身の現代アーティストです。
若い頃より音楽シーンに傾倒し、Destroy All Monstersというノイズバンドにて活動。その後、ロサンゼルスへ移住し、1978年にThe California Institute of the Artsを卒業しています。在学中には、ジョン・バルデッサリやローリー・アンダーソンらの元で学び、詩を使ったプロジェクトシリーズを展開しています。その他にドローイング、絵画、彫刻、パフォーマンス、ビデオアートなど様々なメディアにて作品を制作しており、1987年にロサンゼルスのRosemund Felsen Galleryにて初めて展覧会を開催しています。1990年代に入ると、ロサンゼルス現代美術館にて開催の「ヘルター・スケルター」展や、ホイットニー・ビエンナーレなどへの参加によって世界に知られるようになります。近年では「過去4世紀の間でも、影響力のあるアーティストである」と評されるなど、高い評価を受けているアーティストです。

現在100年以上の歴史を持つ、ドイツ・ハノーファーのアートギャラリー:ケストナーゲゼルシャフトにて1995年に行われた、ケリーが1974年から76年に制作した紙に描かれた作品の展覧会のカタログになります。様々な人物、キャラクターがコラージュされた、彼らしいポップさと虚ろさを感じさせる、ミクストメディアによるペインティング、ドローイング作品74点が収められています。
ディレクターのCarl Haenleinなど3名によるエッセイ、ケリー自身が制作当時を振り返って書かれたテキストの他、活動履歴、作品リストを収録。


出版社:  Jablonka Galerie
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 140ページ
サイズ:  30 x 23.5 cm
状態:   新刊

販売価格

3,600円(内税)

SOLD OUT