サイ・トゥオンブリー【Cy Twombly's Things】

サイ・トゥオンブリー ( Cy Twonbly 1928 - 2011年 )アメリカを代表する画家・彫刻家です。バージニアに生まれ、ニューヨークのアートスクールにてドイツ表現主義の絵画を中心に学びます。その後、多くのアーティストや文学者を魅了した「ブラック・マウンテンカレッジ」の夏と秋の講座に参加し、ロバート・マザウェルに師事しました。1951年、ニューヨークのSamuel M.Kootzにて初個展を開催。1957年に初めてローマを訪れ、1967年より定住し、2011年にこの世を去るまでこの地で制作を続けました。
トゥオンブリーは、1950年代よりプリミティブで実験的な絵画作品を制作し、その後黒いキャンバスに白の自由な線描を特徴とした絵画を展開します。1960年代からは色彩が使用されるようになり、素手で絵具を塗り付けた絵画を制作。その後も、ギリシャ神話「Leda and the Swan」(レダと白鳥)をテーマとした作品、「Blackboard Paintings」、「Grey Paintings」など多くのシリーズを描いています。
また、2010年にはルーブル美術館の天井画を手がけるなど、亡くなるまで意欲的に作品を制作し続けました。絵画だけでなく、非常に個性的な彫刻作品や、ポラロイドで撮影された写真作品も数多く制作しています。

本書は、ニューヨークを拠点に活動を行なっている美術史家、キュレーターのKate Nesinが、これまで積極的に語られてこなかったトゥオンブリーの彫刻作品を論じた書籍となります。
トゥオンブリーは、彫刻の動向が激しく変化し続ける中、数十年に渡って、驚くほど一貫性のある彫刻作品を手がけました。本書では、彼の彫刻の歴史的/現代的な制限の中での長期にわたる取り組みを調査し、メディアと言葉の両方から解き明かす内容となっています。しばしば、時代を超えた、詩的な作品として説明されることのあるトゥオンブリーの彫刻について、Nesinは、その極端に物質的な制作過程に焦点を当て、それまでの彼の彫刻についての言説の発展性とそれに伴う困難を強調しています。
ネーミング、表面、とぎれ目、反復といった手がかりとなる特徴を深く分析し、トゥオンブリーの驚くべき彫刻的実践を明らかにする待望の一冊となっています。


出版社:  Yale University Press
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 246ページ
サイズ:  26.3 x 20 cm
状態:   新刊
図版:   カラー50点、白黒50点

販売価格

5,000円(内税)

購入数



新入荷!






■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
・クレジットカード
・銀行振込
・郵便振替
・代金引換
→ 詳しくはこちら
■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
(沖縄・離島は半額負担)
→ 詳しくはこちら
■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
せください。
その際、必ず『お宛名』のご入力を
お願いします。

☆代金引換をご利用の場合、領収書
の発行は行っておりません。
→ 詳しくはこちら
■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
項目よりご指定ください。
リボンを2色よりお選び頂けます。
ラッピング料:180円(税込)
→ 詳しくはこちら
■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
返品、交換はお受け致しかねますの
で予めご了承下さい。
→ 詳しくはこちら
■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン