マンマ・アンダーソン【Memory Banks】

マンマ・アンダーソン (Mamma Andersson 1962年 - ) スウェーデンのルレオ出身。スウェーデンの現代アーティストの中でも重要な人物の一人です。現在は、同国・ストックホルムを拠点に活動を続けています。1986年から1993年にRoyal University College of Fine Arts in Stockholmにて学んでいます。映画のイメージや劇場のセット、その時代特有のインテリアなどに触発されながら、朧気で意味深長な構図を用います。全体的な構成は、世紀末前後の北欧の伝統的な具象絵画を思わせますが、平坦な構成や絵の具の厚塗り、筆跡のテクスチャーは彼女独特の世界を新たに作り出していると言えます。2003年には、ヴェネチア・ヴィエンナーレに参加。2010年には、アメリカ・コロラドのThe Aspen Art Museumにて初個展を開催。Karin Mamma Andersson とも表記されます。

本書は、アンダーソンの制作過程で見られる絵画の実践に焦点を当てています。彼女の収集物がどのように作品へと還元されているのかを垣間見ることのできる一冊です。スウェーデン出身のアンダーソンは、特に北欧の絵画や民族芸術、映画からインスピレーションを得たような、夢のような、微かな物語のような作風で知られていますが、これらもまた様々な情報源から切り取った本や写真の画像を作品へ持ち込んでいます。書籍内には、写真や雑誌の切れ端を撮影したスタジオ写真や作品図版がカラーで掲載されています。いたるところにカラーの大きな図版が並び見応えある書籍です。

※こちらは、新古品となります。表紙右下角に凹みあり。

画像←クリック頂きますとご覧いただけます。


出版社:  Damiani
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 80ページ
サイズ:  31.7 x 25.2 cm
状態:   新古品

販売価格

8,000円(内税)

購入数



新入荷!