イボンヌ・レイナー【Moving And Being Moved】

イボンヌ・レイナー(Yvonne Rainer, 1934 - )カリフォルニアとニューヨークを拠点に、ダンサー・振付家・映像作家としてポストモダン・ダンスシーンを牽引してきたアーティストです。
サンフランシスコに生まれ、保険会社でタイピストとして働く生活の中、画家のAl Heldに出会い、ニューヨークに移ります。ニューヨークでは1957年頃からEdith StephenやMartha Grahamのダンスクラス参加した後、マース・カニンガムの元で8年に渡り学んでいます。1960年頃からジョン・ケージの理論を取り入れた作品など、実験的な振り付けのダンス作品を発表。プロットや物語に従うのではなく、身体を様々な動きを生み出す源として扱った彼女のダンスは、コンテンポラリーダンスの主要な要素として多くのアーティトに影響を与えました。
70年代からは長編映画の製作に力を注ぎ、90年代まで多くの実験的映画を発表しています。2000年にはダンスと振り付けの活動を再開し、政治、歴史、ジャーナリズムなど幅広い視点を取り込んだ作品を手がけています。

本書は、60年代の終わりの代表作である『Trio A』や『The Mind Is a Muscle』、2000年にダンスに復帰した『White Oak Dance Project』など、最も知られたパフォーマンスとプロジェクトに焦点を当て、テキストと写真やドローイングなど様々な資料によってレイナーの作品を紹介する書籍になります。彼女自身によるエッセイの他、ダンサー・振付家のトリシャ・ブラウンとの対談を収録し、レイナーのダンスワークを様々な角度から読み解く一冊となっています。


出版社:  Roma Publications
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 128ページ
サイズ:  27.5 x 20.3 cm
状態:   新品

販売価格

4,800円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍






■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
・クレジットカード
・銀行振込
・郵便振替
・代金引換
→ 詳しくはこちら
■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
(沖縄・離島は半額負担)
→ 詳しくはこちら
■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
せください。
その際、必ず『お宛名』のご入力を
お願いします。

☆代金引換をご利用の場合、領収書
の発行は行っておりません。
→ 詳しくはこちら
■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
項目よりご指定ください。
リボンを2色よりお選び頂けます。
ラッピング料:180円(税込)
→ 詳しくはこちら
■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
返品、交換はお受け致しかねますの
で予めご了承下さい。
→ 詳しくはこちら
■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン