エリザベス・ペイトン【Dark Incandescence】

エリザベス・ペイトン(Elizabeth Peyton 1965年 - )アメリカの画家です。ニューヨークにてアートを学び、薄く溶いた油絵具で描かれた新しい肖像画が話題を呼びました。最も話題となったのは、1993年チェルシーホテルの828号室での個展です。ウィリアム・シェイクスピアやリヒャルト・ワーグナーなど歴史上の人物、フリーダ・カーロ、デヴィッド・ホックニー、アンディ・ウォーホールなどのアーティスト、またエミネムやカート・コバーンといったポップ・スターから、身近な自身の友人まで幅広くポートレートを描きました。1990年代を代表する画家の一人でもあります。

本書は、ベルギー・ブリュッセルのGladstone Galleryにて開催された展覧会の為に、特別に制作され2017年刊行の書籍です。アメリカ合衆国のKarma Bookstoreの創設者であり、デザイナーのBrendab Duganとエリザベス・ペイトンの共同制作の書籍でもあります。
展覧会は、2009年と2014年に開催されましたが、ここでは時代の英雄やヒーローの視覚的な記録だけではなく、個人の人生や彼女自身の人生についても深く焦点をあて、この5年間でさらに変化し続けるペイトンのキャリアを紹介しています。
新しいリアリズムと彼女自身の現在の興味や情熱と作品への関連性を示唆し構成された書籍であり、多くの親しい友人(時代を代表するミュージシャンやアーティストら著名人)だけでなく、彼女自身の自画像も多数掲載されています。ベルリンを拠点に活動する評論家Kirsty Bellによるエッセイに始まり、[Overure](序曲)と題されたページが20ページほど続き、作品掲載ページへと移っていく美しい書籍です。

出版社:  Rizzoli
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 248ページ
サイズ:  30.5 x 25 cm
状態:   新品
その他:  図版105点

販売価格

6,000円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍






■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
・クレジットカード
・銀行振込
・郵便振替
・代金引換
→ 詳しくはこちら
■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
(沖縄・離島は半額負担)
→ 詳しくはこちら
■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
せください。
その際、必ず『お宛名』のご入力を
お願いします。

☆代金引換をご利用の場合、領収書
の発行は行っておりません。
→ 詳しくはこちら
■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
項目よりご指定ください。
リボンを2色よりお選び頂けます。
ラッピング料:180円(税込)
→ 詳しくはこちら
■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
返品、交換はお受け致しかねますの
で予めご了承下さい。
→ 詳しくはこちら
■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン