• banner
  • 「緊急事態宣言発令に伴う発送に関するお知らせ」運送会社様の計画的な集荷業務により、5月末までは、最短発送は翌日となります。(平日15時までにご注文の場合)ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞご了承のほどお願い申し上げます。

    グスタフ・クリムト【Klimt and Antiquity: Erotic Encounters】

    グスタフ・クリムト(Gustav Klimt, 1862 - 1918)
    官能的なテーマと華やかで装飾的な作風で知られる、19世紀末ウィーンを代表する画家。1876〜83年ウィーンの工芸美術学校で学びます。83年弟のエルンストおよび F.マッチとともにアトリエを開設し、劇場などに壁画や天井画を制作。 92年に弟の死により制作を絶ちますが、98年に再開し自己の様式を確立するとともに、ウィーン分離派の創立者の一人となります (1904脱会) 。その後も、オーストリアのユーゲント・シュティルを代表する作家として活躍。日本の美術にも大きな影響を受けたとされる、平面的で装飾的な画風を特徴とし、官能的なテーマと装飾的な抽象性とを結合した華麗な作品によって、表現主義の先駆者として広く知られています。

    1907年にクリムトは、古代ローマの小説家ルキアノスの作品『Dialogues of the Courtesans(遊女の対話)』の挿絵を手がけました。この本で初めて彼のエロティックアートが一般に公開され、作品の画像の内容に動揺した検閲官の非難につながります。
    本書では、クリムトの古代世界への魅了という興味深い側面に焦点を当て、間違いなくアール・ヌーボーの時代の最も美しい本である、この傑作書籍を復活させます。クリムトの妖しくエロティックなドローイングと、Wiener Werkstätteのデザインを組み合わせた書籍の資料だけでなく、5世紀の古代ギリシャの花瓶に描かれた、赤と黒の人物像とクリムトの芸術の詳細な比較を行います。近代の美術と古代の美術、ジェンダー、女性の役割の間の対話として、クリムトが古代から受けたインスピレーションを示します。
    また、クリムトの古代美術への関心、古代の遊女の役割、豊かなギリシャ芸術を土台となった饗について、豊富な資料とともに探るエッセイを収録。


    出版社:  Prestel
    タイプ:  ハードカバー
    言語:   英語
    サイズ:  30.5 x 24.3 cm
    ページ数: 256ページ
    状態:   新品

    販売価格

    4,500円(内税)

    購入数



    新入荷!






    人気書籍






    ■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
    ・クレジットカード
    ・銀行振込
    ・郵便振替
    ・代金引換
    → 詳しくはこちら
    ■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
    (沖縄・離島は半額負担)
    → 詳しくはこちら
    ■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
    せください。
    その際、必ず『お宛名』のご入力を
    お願いします。

    ☆代金引換をご利用の場合、領収書
    の発行は行っておりません。
    → 詳しくはこちら
    ■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
    項目よりご指定ください。
    リボンを2色よりお選び頂けます。
    ラッピング料:180円(税込)
    → 詳しくはこちら
    ■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
    返品、交換はお受け致しかねますの
    で予めご了承下さい。
    → 詳しくはこちら
    ■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン