バーバラ・ヘップワース【Barbara Hepworth】

バーバラ・ヘップワース(Barbara Hepworth 1903年 - 1975年)イギリス・ウェスト・ヨークシャー州出身の芸術家。同国の彫刻の発展に貢献した、20世紀のイギリスを代表する彫刻家。特に抽象彫刻の開拓者でもある。力強い中に繊細さを合わせもつ彫刻作品で知られている。
イギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学んだ後、留学奨学金にてイタリア・フィレンツェを訪れ、大理石彫刻を学ぶ。初期は、ヨーロッパに起こった芸術運動にも傾倒しており、構成主義に関する著書をイギリスで刊行。フランス旅行の際には、ジャン・アルプ、パブロ・ピカソ、コンスタンティン・ブランクーシのアトリエを訪問。戦時中には、自身のスタジオを置くセント・アイヴスが芸術家らの疎開先となる。1949年にベン・ニコルソンと共にペンウィズ芸術協会を創設。(バーナード・リーチら19名が創設メンバー)。1950年には、第25回ヴェネチアビエンナーレに参加。晩年は、リトグラフ作品も制作。作品は、世界の主要な美術館に収蔵されている。

本書は、初版が1987年9月に刊行されたもののリプリント版になります。バーバラ・ヘップワースの親しい友人でもあるA.M.Hammacher著書。現在は、出版社Thames and hudsonからWorld of Artのシリーズの一冊として出版されています。生命の形態、特に人間の生涯を探求した抽象彫刻の代表的なアーティストであるヘップワースの作品を包括的にご覧いただける一冊です。入門書としてもおすすめ。

出版社:  Thames and Hudson
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
サイズ:  21 x 14.9 cm
ページ数: 216ページ
状態:   新品
その他:  図版181点

販売価格

1,800円(内税)

購入数



新入荷!