パウル・クレー【Die Hinterglasbilder】

パウル・クレー (Paul Klee 1879 - 1940年)スイス出身の画家。音楽一家に生まれながら、幼少期より美術や文学にも感心があり、後に絵画の道を選びました。1898年にミュンヘンの美術学校に入学しますが、その絵画スタイルは合わず1901年から翌年までイタリア旅行し、多くのルネッサンスやバロックの絵画・建築を学びました。初期は銅版画家として制作をスタートさせたクレーですが、1914年チュニジアでの旅の中で色彩の魅力に目覚める経験をします。1920年以降にはバウハウスにて絵画教育にも力を注ぎます。生涯で約9600点以上の作品を制作し、また理論化としての顔も持っており、絵画を「記号による言語」とする絵画理論も展開しています。
晩年、ナチス占領下のドイツを離れスイスに亡命したクレーですが、皮膚硬化症という難病に侵され、その後も手の自由が制限されながらも意欲的に作品を生み出します。天使の線画や色彩を用いた太い線画を多く残しています。

本書は、2015年にスイス・ベルンのZentrum Paul Kleeにて開催された展覧会を機に刊行された書籍です。1905年から1917年の間に制作されたガラス作品に焦点が当てられました。その中で、クレーは技術だけではなく、材料も実験的に使用しています。風景や動物の描写、肖像画や風刺的なテーマなど幅広く描かれ、伝統的なリバースガラスとは一線を画します。また、本書内には、現在も保存されている56点の作品と科学的なテキストを掲載、リバースガラスの特別な美術史や技術、保存の重要性などの調査結果も収録

【特別SALE:5400円→3240円】

出版社:  Wienand Verlag & Medien
タイプ:  ハードカバー
言語:   ドイツ語
ページ数: 199ページ
サイズ:  31.5 × 25.5 cm
状態:   新刊
その他:  図版294点(内、カラー図版286点)

販売価格

3,240円(内税)

購入数



新入荷!






■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
・クレジットカード
・銀行振込
・郵便振替
・代金引換
→ 詳しくはこちら
■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
(沖縄・離島は半額負担)
→ 詳しくはこちら
■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
せください。
その際、必ず『お宛名』のご入力を
お願いします。

☆代金引換をご利用の場合、領収書
の発行は行っておりません。
→ 詳しくはこちら
■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
項目よりご指定ください。
リボンを2色よりお選び頂けます。
ラッピング料:180円(税込)
→ 詳しくはこちら
■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
返品、交換はお受け致しかねますの
で予めご了承下さい。
→ 詳しくはこちら
■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン