横井照子【Tokyo-New York-Paris-Bern】

横井照子(Teruko Yokoi 1924年 - ) 愛知県名古屋市出身の画家。現在は、スイス・ベルン在住。エッグテンペラ、油画、リトグラフや水彩などの具象と抽象を合わせた大胆な構図の絵画を制作。アメリカ、ヨーロッパ、日本における抽象表現主義を跨いで制作を続ける日本の抽象画家の一人でもあります。1949年、女子美術大学の聴講生となる。1953年には、アメリカ合衆国・サンフランシスコのThe School of Fine Arts in California入学、抽象絵画へ進む。ニューヨークへ移った後は、ハンス・ホフマンに師事。(1959年にはサム・フランシスと結婚)1960年にはフランス・パリへ移住し、アンフォルメルの影響を受ける。1962年より、スイス・ベルンへ移住。これまでに世界の美術館、ギャラリーなどにて90回以上の展覧会を開催。

本書は、2020年1月30日から5月10日までスイス・ベルンのKunstmuseum Bernで開催の展覧会を機に刊行された書籍です。日本の抽象画家である横井照子氏の芸術と人生は、アメリカ、ヨーロッパ、日本と世界の抽象表現主義の重要な時代を駆け抜けています。風景や花などをモチーフに、美しく色とりどりのキャンバスを制作しています。本書では、1954年から1964年までの116点の作品を掲載。東洋と西洋を巡る、偉大な女性アーティストの重要な一冊。

※こちらの書籍は、2021年6月25日から6月30日の間で、再入荷致します。

出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 164ページ
サイズ:  27 x 22 cm
状態:   新刊
その他:  図版116点

販売価格

5,700円(内税)

SOLD OUT



新入荷!