サイ・トゥオンブリー【Cy Twombly】

サイ・トゥオンブリー(Cy Twonbly 1928年 - 2011年)アメリカを代表する画家・彫刻家です。バージニアに生まれ、ニューヨークのアートスクールにてドイツ表現主義の絵画を中心に学びます。その後、多くのアーティストや文学者を魅了した「ブラック・マウンテンカレッジ」の夏と秋の講座に参加し、ロバート・マザウェルに師事しました。1951年、ニューヨークのSamuel M.Kootzにて初個展を開催。1957年に初めてローマを訪れ、1967年より定住し、2011年にこの世を去るまでこの地で制作を続けました。トゥオンブリーは、1950年代よりプリミティブで実験的な絵画作品を制作し、その後黒いキャンバスに白の自由な線描を特徴とした絵画を展開します。1960年代からは色彩が使用されるようになり、素手で絵具を塗り付けた絵画を制作。その後も、ギリシャ神話「Leda and the Swan」(レダと白鳥)をテーマとした作品、「Blackboard Paintings」、「Grey Paintings」など多くのシリーズを描いています。また、2010年にはルーブル美術館の天井画を手がけるなど、亡くなるまで意欲的に作品を制作し続けました。絵画だけでなく、非常に個性的な彫刻作品や、ポラロイドで撮影された写真作品も数多く制作しています。

本書では、Nine Discourses on Commodus(1963)、Fifty Days at Iliam(1978)、Coronation of Sesostris(2000)らの作品に焦点を当て、約60年にも及ぶトゥオンブリーの制作を約200点の絵画、彫刻、ドローイング、写真の図版とともに紹介しています。1950年代初頭のテキストの使用を特徴とする初期作品、1960年代の構成、1970年代のミニマルアートやコンセプチュアルアートの絵画作品への反応など、各シリーズのサイクルの重要性を強調し、トゥオンブリーの絵画の歴史を追いました。さらに、エッセイやアシスタントであったNicola Del Roscioによる省察や私的な印象などを綴った思い出を収録。

出版社:  Sieverking
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 320ページ
サイズ:  28 x 28 cm
状態:   新品
その他:  図版314点

販売価格

7,300円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!